読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Titanium News

Appcelerator Titanium Mobileに関するニュースなどを淡々とお伝えしていきます。

Titanium SDK 3.4.0リリースノート超ざっくり訳

和訳 Update

9月29日にGAがリリースされた、300以上の不具合対策と機能改善が行われたTitanium SDK/Studioの3.4.0のリリースノートについて、 若干今更感があり、さらにいつも以上にざっくりな訳をお届けしたいと思います。

詳細はソースを当たって頂ければと思います。

Alloy 1.5.0

データバインドの改善、XML・TSSマークアップの改善(ActionBarへのプロパティ設定、KeyboardToolbar、L()による多言語化)がされた一方、localStorage syncアダプタが非推奨になり、 代わりにproperties syncアダプタを使用することが推奨されています。

iOS and Xcode Support

iOS 8 SDKならびにXcode 6に対応しました。(Studio/CLIともに)

iOS 6.xで動作するデバイスについては公式保証されなくなるのでご注意ください。

後方互換性(SDK/CLI、Xcode/iOSの組み合わせ)については リリースノート内に表としてまとめられていますのでそちらをご覧ください。

Titanium CLI 3.4.0

最新のGAリリースを用いるsdk select stableコマンドが追加されたり、 config.jsonの取り扱いが改善されました。

新機能や挙動の変化について

Android

  • このバージョンからアクティビティのライフサイクルイベント(create, destroy, pause, resume, start and stop)が非推奨になり、将来的に廃止されます。 代わりにon〜(onCreateなど)という名前のプロパティが用意され、 こちらにコールバック関数を設定する形になります。
  • 最初に開いたWindowのexitOnCloseプロパティの初期値がtrueからfalseに変更になりました。
  • HTTPClientにfileプロパティが追加されました。
  • TabGroupactivityプロパティをopenする前に設定できるようにありました。
  • Ti.UI.createWindowの引数としてthemeプロパティを設定できるようになった。

iOS

  • モーダルではないウィンドウ(あるいはNavigationWindowTabGroup内のウィンドウ)についてorientationModesプロパティで向きを強制するのは bad practice とみなされ、今後サポートされなくなります。
  • 位置情報のパーミッション設定としてNSLocationWhenInUseUsageDescriptionもしくはNSLocationAlwaysUsageDescriptionというプロパティの設定をtiapp.xmlに設定する必要があります。
  • ローカル通知についてはiOS 7以前は特に必要なかったユーザによる「許可」ですが、iOS 8では Titanium.App.iOS.registerUserNotificationSettings()メソッドを使って登録し、ユーザ許可を求める必要があります。
  • iPhone 6 / iPhone 6 Plusの解像度に適合した667h@2x.png@3x.pngに対応しました。(対応表はリリースノートをご覧ください)
  • Titanium.Media.showCamera()メソッドにautorotateプロパティ(デフォルトはtrue)が追加され、プレビュー時の回転制御が出来るようになりました。
  • iOS 8以降でTitanium.Geolocation.authorizationイベントが追加され、設定変更時に発火するようになりました。
  • Touch ID、対話式通知に対応しました。